2008年10月19日

沖縄の旅 宜野湾市ちねんのおばちゃん

安部君と刈谷勇の沖縄の旅をナビゲートしたのは、FM沖縄の人気番組「Radio dub」のパーソナリティのまーちゃんです。
まーちゃんに案内されて二人は、夕闇迫る沖縄県宜野湾(ぎのわん)市に来ました。
まーちゃんが悩んだときとかさぁ、落ち込んだ時に人生の相談に乗ってもらうという、宜野湾市のちねんのおばちゃんの家に案内されました。
そこで、安部君の子供の名前の相談にのってもらおうということです。

20081019-5.gif古い時代から、祖先や土地を大切にする沖縄では、霊的な力を持つ、ユタと呼ばれるシャーマンがいます。新居の購入、人生の転機、生まれた子供の名前など、様々の相談をしてアドバイスをもらうそうです。
身近にそういう人がいてくれると、助かりますね。

ちねんのおばちゃんに、子供の名前の相談に来た安部君を差し置いて、まずは、刈谷勇が相談をします。
勝ち組サラリーマン刈谷勇は、既に成功しているんですが、これから、どんな成功がまっているかを

ちねんのおばちゃんは、
あなた悩みなよぉ。
と、一刀両断。

そこで、刈谷がヒルズ族であるがゆえにみたいなこと言い出すと、

そういう、言い方があんたを傷つける!人生を迷わす!
とバッサリと切り捨てました。

最後に、安部君の新居の押し入れが狭いことを相談すると
行かなきゃいいじゃない。
と軽くあしらい、刈谷はすっかり自信を失ってしまいました。

やっと、安部君の子供の名前の相談をする番です。
しかし、ちねんのおばちゃんには、子供の名前より安部君の今後の方が心配。
安部君自身が、自分の未来を心配しているオーラが出ているそうです。魂が痩せ細っていると。

ここで、正直にちねんのおばちゃんにすべての不安を打ち明けます。
結婚する前に子供ができてしまい、これから大丈夫だろうかと思いながらもここまできてしまい、
そのため、父親としても自覚もまだモヤモヤした状態だと。

そんな安部君にちねんのおばちゃんは、自信をもって自分で子供の名前をつけるよう言い聞かせます。しっかり、名前について勉強して、いただいた魂に名前をつけてごらんなさい、と。
そうすると、親父として、一家の柱として
やーぬなかじんばしら
命を支えている真ん中の柱になる。
そして、安部君にも自信がつくとアドバイスを頂きました。


posted by mylofe at 21:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】