2008年09月21日

永福町

永福町は、東京都杉並区にある地名で、安部君夫妻が生まれてくる子供との新生活送るためのマンションの引っ越し先の地名です。
なぜ、永福町にしたの?という、優ちゃんの問いに安部は、
3人で永遠に暮らせそうだから
だそうです。安部君が好かれる理由がここにあるんですよね。
ただ、押し入れが狭いと刈谷勇は嘆いていましたが。
その刈谷勇に引っ越し先を永福町に決める前に
都心からの30分圏内で
3LDKオートロック
ルーフバルコニー広々の
東南角部屋ペット可
ピアノ可
家賃滞納可で
月10万円以下の
マンションがないかと刈谷に相談して、
「リレーのバトンいつまでも受けとんネェーよ」
っていうドS言葉をくらっちゃったりしても、
最後は、やっぱり人間の温もりとか、優しさを大事しいます。
さすがは、若さと渋さの間で揺れる、勇気と成長のコメディーの主人公です。
この永福町で、新しく生まれてくる子供と、安部君と優ちゃん、そして刈谷勇にどんなドラマが待ち受けているんでしょうか?これからも、あ、安部礼司からは、目が離せない・・・じゃなくて、ラジオなので、聞き逃せません。

ちなみに、永福町の1丁目と2丁目の間にはあの歌で有名な神田川が流れています。


posted by mylofe at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

基礎化粧品の成分の効果

北海道の深夜のローカル番組「どーせヒマでしょ?」で手作りの基礎化粧品とパックをしていて、基礎化粧品の成分の効果について触れていました。いつも使っている化粧品に、内容成分って表示されてますけど、実際に何に効くのかって案外知りませんよね?

ちなみ今回のロケ先は「とうふ工房 ゆめ」では、豆乳を使った料理や飲み物を出しています。豆乳のジュースは、見た感じイチゴミルクで、豆乳がダメな宮崎さんも「豆乳じゃないみたい!なまらうまい!」と絶賛していました。

それでは、基礎化粧品の成分の効果について行きましょう。

・マイクロマリンコラーゲン:
   肌に浸透しやすい保湿剤

・カゼインナトリウム(アミノ酸):
   保湿剤(牛乳タンパク質)

・ヒアルロン酸ナトリウム:
   吸水性の高い保湿剤

・グリチルリチン酸ジカリウム・アラントイン
   肌を整える原料

・エタノール:
   原料の溶剤

・アルゲコロイド:
   パック基剤(海藻ビタミンミネラル含有)

・グリセリン:
   保湿剤

・プロデュウ
   体内のアミノ酸と同じ効果の保湿剤

これらの混ぜて出来たのが、
「きっと甘い味がするに違いない」と宮崎さんが言っていた、ハチミツみたいな美容液と、
デローンとしたパックです。

ちなみ、手作り化粧品教室は北海道文化センターで行われているので、自分の肌にあった化粧品が欲しい方は1度お問い合わせしてみは、いかがですか?
posted by mylofe at 11:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】